【メルセデス・ベンツML350】ガソリンより滑らかなディーゼルの乗り味に驚く(レポート:番組Pタカハシ)


DSCN5930

メルセデス・ベンツML350ディーゼル
価格:790万円
メルセデス・ベンツ公式サイト

 
少し古い話になりますが、2014年1月25日にオンエアした「プレミアムSUV」の回はいかがでしたか? あのときはポルシェ・カイエン、レンジローバースポーツ、そしてBMW X5の話でしたが、この他にメジャーなブランドなのに話題が出なかったモデルがあって、それはメルセデス・ベンツのMクラス。ですので、このモデルについてはここで少しドライブレポートします。

試乗したのはML350ディーゼルモデル。Mクラスにラインアップされるのは、ML350のガソリンとディーゼル。それとML63AMGという3モデル。試乗したディーゼルはV6型3.0Lターボで4WD。値段は790万円とプレミアムです。
 

mlキャプション

ML350にはガソリン、ディーゼルがあり。今回はディーゼルに乗った

輸入車というのは、毎年少しずつ変更があって、いわゆるイヤーモデルと呼ばれる理由がそこにあるわけです。2013年モデルと2014年モデルではどこかに変更されている箇所がある、というのが一般的なんですね。国産車ではスバルがイヤーモデル制度(年次改良)をやっていますけど、それ以外はあまりイヤーモデルという考え方は浸透していないようです。
 
DSCN6083DSCN6088DSCN6194

さてML350も14年モデルになって大きく変わったものが2つあります。ひとつは安全装備で、レーダーセーフティパッケージと360度カメラシステムを標準搭載しました。もちろん、従来からのディストロニックプラスも装備しています。
 
ディストロニックプラスはとても賢いクルーズコントロールで、停車状態からでも前車の動きだしに反応します。だから渋滞でも楽チン。それに車両後方にいる車両の認識やワーニング、車線キープ、ぶつからないブレーキなどがレベルアップして装備されています。
 

キャプション

ディストロニックプラスのメーター表示。助手席から撮影のためにブレブレ…すみません

 

さらに、リリースにも出ていないことですが、実はエンジンが変わっていたんです。排気量も馬力もそしてエンジンの型式も変更されていないのですが、中身が違っているんですよ。メルセデス・ベンツ日本に聞いても「そうなんですが、本社が変更という扱いではないのでリリースを出していません」という回答。よくある話ですが、ユーザーにしてみれば気になりますね。

放送スケジュール

  • LINE アカウント

    友だち追加数

FMazur

毎週火曜日 18:30〜19:00
毎週金曜日 10:00~10:30(再)