ザ・モーター・ウィークリー | クルマ好きのパラダイス The Motor Weekly ザ・モーター・ウィークリー | クルマ好きのパラダイス The Motor Weekly
HOME

【プジョー2008】新しい都会派クロスオーバーに乗ってきました(レポート:藤本えみり)



20140206_092514

プジョー2008
価格:246万円(プレミアム)/270万円(シエロ)
プジョー公式サイト
 
フランス車を好きになったきっかけは…
「ザ・モーターウィークリー」のDJを担当させてもらって1年目(2012年だったかな)に、私、番組と連動した動画企画で、プジョーのクルマを沢山お借りさせていただきました。508からスタートして、308CCや208などなど。最初は、「フランス車=オシャレ」というイメージしかなかったんですが、しっとりとした優しい乗り味を体験して、フランス車の魅力にどんどんハマッていったんです。
 

えみりと2008

フランス車、そしてSUVが好きなえみりにとってはストライクな2008

そんな私がフランス車好きになるきっかけを作ってくれたプジョーから新しく発売された2008。まずは第一印象は、写真よりも落ち着いた印象だなと感じました。その理由はカラーバリエーションなんでしょうか。パールホワイト以外は、シックな紺や茶色のラインナップで、大人テイストのSUVだなというイメージ。
 
でも、ヘッドランプはすごくシャープな形に変わっていました。今までの猫目とは違う新しいデザインです。ヘッドランプの下側に三角の切れ込みが入っていて、なんだか「上目遣い」しているように見えるんです。
 

2008のヘッドライト

この切り込みの入ったヘッドライトがかわいいんです

こっちはテールランプ

テールランプもちゃんとデザインされています

 

「女性の上目遣いが好きなんだよー」という男性の言葉を聞いたことがありますが、そういう目でお願いされると男は弱いものなんでしょうか? シャープで精悍な顔つきになったと感じつつも、何故かそこに「可愛い!」を感じる理由は、この目にあるのかも!

 
試乗会場はヒルトン小田原。試乗コースは真鶴道路を通るルート。前回この道を通ったのは、レンジローバースポーツ試乗会のときでした。道幅の狭さにビビりながら、超スロー運転になってしまった因縁の道路ですが、今回は大丈夫! スイスイでした(笑)。
 
大きいSUVは憧れではあるんですが、私はこの2008のサイズが気を遣わなくて運転できるからやっぱり嬉しいですね。
 
208をベースにした2008のサイズは、全幅は208と同じ1740mm。そこに全高1470mmというSUVの「目線の高さ」という利点が加わるので、とても運転しやすいです。ちなみに2008のモデルバリエーションは、プレミアム(246万円)と、電動サンシェード付きパノラミックガラスルーフを装備したシエロ(270万円)の2モデルがラインアップされています。
 


■ 会社概要


ページの先頭へ