【レクサスCT200h】レクサス車勢揃いの試乗会で感じたブランド力とは…。(レポート:番組Pタカハシ)



レクサスCT200h

レクサスCT200h
価格:356万円~448万円
レクサス公式サイト
 
■高級ブランドの試乗は会場も高級だった
さてマイペースでの更新を続けている番組ドライブレポート。今回は2014年2月中旬に行われた「レクサスオールラインアップ試乗会」のレポートをお届けしよう。番組DJの藤本えみりと、前回のJAIAに続いて元ホンダのエンジニア繁浩太郎さんと3人で参加してきた。

今年、204年2月と言えば「大雪」だ。横浜も記憶にないほどの大雪。歴史を塗り替えるような雪害をもたらしましたが、みなさんの地方は大丈夫でしたか? で、このレクサス試乗会は、その大雪(二回目の)が降る前日、みなとみらいでの開催だった。
 
「雪でも降りそうだね」と繁さん。今日の衣装はピンクの眼鏡とピンクのパンツ。それにダーク系のニットとレザーのスニーカーを組み合わせて登場。まさに服装ではなく、衣装と呼びたくなる。
 
「私も寒いのでブーツ履いてきました」と藤本。ブラウンレザーのニーハイブーツ。さすがにナマ足ではなくレギンスにロングニットという格好。かなりボディラインが強調されているかな。そう言えば藤本の後輩DJ、大出佐智子さん(藤本の代役としてホンダレーシングサンクスデー2013の取材レポートを担当)は、「えみりさんナイスバディですよ」って言ってた。ちなみに彼女は帰国子女なので、ネイティブな発音「ネイスバァディ」と言ってたっけ。
 
思えばラジオDJというものは声の魅力も大切だ。聴く方はルックスを勝手にイメージとして膨らませていることが多いので、本人に会ったときにそのギャップに驚くことはある。声優さんも同じようなものだけど、そういう意味では藤本は期待を裏切らない部類かもしれない。もちろん個人の嗜好なので期待を裏切っていることもあろう…。
 

DJ藤本と繁さん

レクサス試乗会はこのメンバーで取材。DJ藤本と繁浩太郎さん

寒風吹く中、試乗できるのはLS、GS、IS、CT200、RXとあり、先頃マイナーチェンジしたCT200がメインの試乗会だ。時間も限られているので全車に試乗することはできなかったが、レクサスの主張のようなものは受信できたと思う。日本が誇る最高級のブランドから発せられる真意をそんたくするにはいい機会を頂いた。
 
受付はインターコンチネンタルホテルに設けた特設会場だ。ホテルの入り口にはドアマンがいて、お辞儀をして迎え入れてくれる。中に入り視線が合うとベルキャプテンやロビースタッフもお辞儀をする。ま、こうした光景は高級ホテルでは経験するが、繁さんのカラフルな服装とえみりの存在があるから、より目を惹くんだろうなぁ。タカハシもジャケットを着てて良かったと。
 
会場の3Fに着くと敷き詰められたふかふかの絨毯の感触が靴底に伝わり、高級感を感じる。室内の音も豪華な絨毯が吸音材となってあたりは静まり返る。鼻息が荒いのか自分の呼吸までも聞こえてくる。高級車の試乗会に相応しい演出をレクサスはやっているのだ。
 

放送スケジュール

  • LINE アカウント

    友だち追加数

FMazur

毎週火曜日 18:30〜19:00
毎週金曜日 10:00~10:30(再)