ザ・モーター・ウィークリー | クルマ好きのパラダイス The Motor Weekly ザ・モーター・ウィークリー | クルマ好きのパラダイス The Motor Weekly
HOME

【アバルト500】はじめての左ハン&MTにドキドキも、慣れればヤンチャな走りが超楽しかった!(レポート:藤本えみり)



アバルト500

アバルト500
価格:269万円
アバルト公式サイト
 
■“小さなレーサー”のキャッチコピーにたじたじ…
毎年、大磯プリンスホテルで開催されている輸入車の試乗会「JAIA」に、私も参加してきました。
 
この試乗会で私には「フィアット500を試乗して番組ドライブレポート(このコーナーですね)を書いて」という指令が出ておりました。で、試乗会に行ってみたら、試乗するのは「フィアット500」のハイパフォーマンスモデルである、「アバルト500」でした!

アバルト500

アバルト500に試乗した。初めての左ハンドル&MTに最初はちょっと戸惑い気味…

「あれ、話が違う」とか一瞬思ったんですが、「アバルトって確か、すごくパワフルなモデルじゃなかった?」と、慌ててスマホで検索してみたら、公式サイトには「小さなレーサー」という文字が…。レ、レーサーっすか。しかも試乗車は、左ハンドルのマニュアル車ときたもんだ。私、今まで運転したことないですよ…。
 
原稿を書く以前に、「このクルマにちゃんと乗れるんだろうか」と、そんな心配からアバルト500との試乗はスタートしたのでした。
 
■いたるところ“まる”だらけのかわいさ

いろいろなクルマに試乗させてもらったり、お借りしたりしていて、以前よりは「左ハンドル」に慣れてきたかな、と自分では思うんです。でも、マニュアル車なので、右手でシフトの操作をする。これが、不安でした。
 
そんな私の不安を察してなのか、番組にもゲストで登場してくださっている繁浩太郎さんが、一緒に試乗してくれることになりました。保護者ですね。
 
アバルト500の見た目は、小さくて、コロンとしていて、かわいいです。先日の放送(第48回「リバイバルコンパクトに夢中になる」で、「こういうクルマは世代を問わないよねー」という話になりましたが、確かに男性女性、若い人から年配の方まで、誰が乗ってもオシャレに決まるんだろうなって思います。
 

アバルト500シート

アバルト500のシートは赤いラインがアクセントで入る

運転席に座ってみると、インテリアもすごくオシャレ。明るい印象を与えてくれるホワイトのインパネに、丸いハザードランプボタンがかわいい。インテリアは丸型が沢山使われていましたが、「ドアの取っ手(ドアハンドル)」もまん丸でした。シートも、パイピングだけじゃなくて、真ん中に赤いラインが大きく入っている、という個性的なデザインです。

 
アバルト50020140205_11205820140205_111955

運転席と助手席の距離が狭いので、こういうオシャレな小さいクルマでのデートは、いいムードになりやすくてオススメですね。


■ 会社概要


ページの先頭へ