大興奮のWEC富士6時間耐久レースに行ってきました!<レポート:藤本えみり>



Peugeot_3

WEC富士6時間耐久レースへ!

先日のザ・モーターウィークリー生放送「WEC世界耐久選手権富士6時間耐久レース スペシャル」聴いて下さった方、ありがとうございました!!
私、予選日の土曜は、生放送のためスタジオ待機でしたが、決勝はどうしても現地の富士スピードウェイで見たかったんです。

ゲストのカーグラフィック代表・加藤哲也さんも、「10/16の決勝レースは、トヨタ、アウディ、ポルシェ、どのメーカーが勝ってもおかしくない!」とお話されていましたけど、予選ではトップ5までのタイム差が0.3秒以内。こんな僅差は、例年でもなかなかないとか。富士を制するのはどのチームなのか?これは見逃せませんよね!

■グリッドに入りたかった・・・
決勝当日、富士スピードウェイの天気は晴れ。上空には気持ちの良い青空が広がっていて、生放送で加藤さんが言っていた通り、Tシャツでも良いぐらいの暖かさでした。加藤さんを信用しなかった私は、長袖のニットワンピースを着用(笑)。暑かった・・・。

到着してまず向かったのは、メディアセンターです。メディア関係者の皆さんが仕事をする場所で、中はこんな感じになっています。天井にはTVがズラリ。

DSC05558

早速、生放送で予選レポートをして下さった、カーグラフィックの早田禎久さんを発見。早田さんのこの笑顔!いつ見ても癒されます。

Peugeot_3

早田さん、いつもありがとうございます!

午前10時15分。外ではグリッドウォークが始まりました。ストレートはあっという間にお客さんで一杯に。私はグリッドウォーク入れなかったんですが、今シーズンで引退を表明したマーク・ウェバー選手を見に来た、という方も沢山いらっしゃるんだろうな~。
そして午前11時。決勝レースがスタートしました!!
ポールポジションはアウディ8号車(オリバー・ジャービス)。続いてポルシェ1号車(マーク・ウェバー)。そしてトヨタ5号車(中嶋一貴)、トヨタ6号車(小林可夢偉)の順でスタート。

スタートからしばらくして、アウディ7号車(ブノワ・トレルイエ)がトラブル発生でスローダウン。ピットに戻り、その後復帰したものの、順位を大きく落としてしまいます。(そして規則違反となり、リタイアという結果に)。
■感涙のチェッカー

トップはアウディ8号車、そして、ポルシェ1号車をかわして、トヨタ6号車が2位に浮上します。そのトヨタ6号車の走りを現場で見ていて、カッコイイな~と感じていました。他のチームよりも強いオーラがあって、なんかね、キラキラしていたんです!(上手に説明できなくてすみません・・・)

DSC05558

その後も、順位を入れ替えながら、アウディ8号車、トヨタ6号車、ポルシェ1号車の争いとなり、残すところあと10分。

この時点で、トップはトヨタ6号車(小林可夢偉)、2位はアウディ8号車(ロイック・デュバル)、3位はポルシェ1号車(マーク・ウェバー)。トップと2位の差は、約5秒でした。

そしてレース終了まで残り5分。
トップの6号車と2位の8号車の差はどんどん縮まっていき、3秒程に!この時、その2台の状況を教えてもらったんですが、アウディ8号車はタイヤ交換済み、一方のトヨタ6号車はタイヤ交換をせずに行く作戦だったそうです。つまり、可夢偉選手は、タイヤをいたわりつつ逃げなければならなかったんだって。

トヨタが逃げ切れるか?アウディが追いつくか?
どちらが勝つのか、残り1周になっても全くわからない!
ドキドキドキ・・・、私も大興奮でした。

そして、先にチェッカーを受けたのは、「トヨタ6号車」!!!2位のアウディ8号車との差は、約1.4秒という僅差でした。3位には、ポルシェ1号車。トヨタ5号車は、4位という結果に。

じつは、トヨタ6号車がゴールした瞬間に、私、泣いちゃったんです。ポロポロと涙が止まらなかった。可夢偉選手が必死に走っている、その表情を見ていたら、感動してしまって。

ルマンでの劇的な幕切れは悲しかったけど、この富士でのドラマティックな勝利は、きっと、沢山の人の心に残ったんじゃないかな?と思います。

DSC05558

ちなみに、突然泣き出した私を見て、ビックリしてしまったのが、隣にいた富士スピードウェイの秋庭さん。「どうしたの?!」と本気で心配してくれました。いつもお世話になっているのに、さらに驚かせてしまってすみません(笑)。

DSC05558

■やっぱりサーキットが好き!

この富士は6時間のレースでしたが、時間が長い分、富士スピードウェイのいろんな場所からレースを見ることができました。

ヘアピンコーナー、100R、コカコーラコーナーなど、それぞれの場所ならではの楽しみ方がありますよね。100Rでは、マシンがすぐ横を通るから迫力があるし、エンジン音の違いもわかるので特に面白かったです。

やっぱり、レースは現場で見るのが楽しい!今回は特にそう思ったレースでした。

最後に、カーグラフィックの早田さん、そしてレース観戦に来ていた、モータージャーナリストの島下さんのご協力により、マーク・ウェバー選手の写真が撮れました。嬉しい(泣)。

mazda.6

今回もたくさんの皆さまにお世話になりました。ありがとうございました!!

放送スケジュール

  • LINE アカウント

    友だち追加数

FMazur

毎週火曜日 18:30〜19:00
毎週金曜日 10:00~10:30(再)