【COTY2014】決定 イヤーカーはマツダ・デミオ 日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015



日本カーオブザイヤー マツダ・デミオ

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダ・デミオに決定。表彰を受けるマツダ株式会社・藤原清志常務執行役員(右)

2014年10月13日、日本カー・オブ・ザ・イヤーの開票が行われ、イヤーカーなど各賞が決定した。各受賞車と受賞理由は下記の通り。

なおザ・モーターウィークリーでは、日本カー・オブ・ザ・イヤーの詳報を、11月1日(土)及び11月8日(土)にオンエア予定。
 
●日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015
マツダ株式会社
『マツダ デミオ』
得票結果:423点
受賞理由:国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザインとクオリティ、そしてテクノロジーをリーズナブルな価格で実現したこと。低燃費技術を追求するなかで、新しい選択肢として小型クリーンディーゼルを採用する一方、MTモデルをリリースするなど多彩なニーズに配慮している点も好印象で、軽快なフットワークと相まってクルマの楽しさを再認識させてくれた。独自の魅力にあふれ、日本から世界に向けてアピールできる実力を持ったコンパクトカーである。
 
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
メルセデス・ベンツ日本株式会社
『メルセデス・ベンツ Cクラスセダン』
得票結果:404点
受賞理由:セグメントにとらわれることなく、メルセデス・ベンツが現在持つ技術をあますことなく投入し、全力でユーザーにいいクルマを届けようとした力作。世界最高水準の衝突回避システムや運転支援機能、時代が求める環境性能を備えながら、走りの良さと快適性を高次元でバランスさせている。
 
●イノベーション部門賞
ビー・エム・ダブリュー株式会社『BMW i3』
得票結果:290点
受賞理由:単に電気自動車というだけでなく、生産から使用、そして廃棄といった、車両を生産する過程すべてに徹底的なエコ思想を貫き、自動車が直面している課題に真正面から取り組んだ姿勢を高く評価。軽量化技術の最先端であるCFRP(カーボンファイバー)を量産した意義も大きい。

Perfumed you review thin dry towels pharmacy hrs product see something: battling washing I, cream also, vibrant.

 
●エモーショナル部門賞
該当車なし
 
●スモールモビリティ部門賞
本田技研工業株式会社『ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム』
得票結果:252点
受賞理由:軽自動車という枠をはるかに越えた安全性への取り組みによって、 JNCAP5つ星という快挙を成し遂げた。その驚きの衝突安全性能に加えて走行安定性能の高さも際立つ。ハード面でのクオリティの高さが徹底的に追及されており、軽自動車全体の底上げに貢献すると期待できる。
 
●特別賞
トヨタ自動車株式会社『トヨタの燃料電池車への取り組み』
受賞理由:次世代エネルギーの水素を使った燃料電池車として、トヨタFCVは世界でいち早く量販化を決定して、価格のメドを発表。インフラ整備が課題であることはもちろんだが、実用化のハードルとして懸念されていた水素充填機を共同開発し展開することなどに加え、一般販売を実現したことの意義は大きく、日本が世界市場を牽引する分野としても、大いに期待できる。

放送スケジュール

  • LINE アカウント

    友だち追加数

FMazur

毎週月曜日 14:00?14:30
毎週土曜日 17:00~17:30(再放送)